秋田コアラのマーチ

秋田コアラです、1記事に1つは必ずあなたの役に立つことが書いています。ゆっくりご覧になってください。

f:id:akitakoara:20171203062958p:plain

坂道のアポロン #1 モーニン(無料アニメリンク有)

 
あらすじ
 
小学生のときから転校を繰り返す主人公、西見薫(ボン)。
今回は九州の学校に転校してきた。
彼は教室にいると、吐き気が止まらなくってしまうという変な癖がある。周りの目が集まると吐き気を催す。そんな彼の憩いの場が学校の屋上。
学校の屋上に行くと、不思議と吐き気がおさまる。
向律子の学校案内を中断し、屋上に向かうボン。
屋上に到着すると、何やら白い布で覆われた物体が屋上の扉を塞いでいる。
その白い布を勢いよく振り払うと、単発の男性がそこに寝ていた。ふと手を取り合った二人。これが西見薫と川渕千太郎の出会いである。
妙に仲良くなった二人は、向律子のお父さんが営むレコード屋で再開する。
レコード屋の地下には秘密の練習場があり、そこにはピアノ、ドラムと音楽が出来る環境が整えられている。
ピアノ弾けると律子に打ち明けた薫は、律子にピアノを弾いてと要求され、地下に連れて行かれると、そこにはドラムを叩く千太郎の姿が。おぼっちゃんのおすましクラシックと馬鹿にする千太郎は、ジャズの叩く。
お前のピアノにはスイングが足りない。と皮肉られた薫は、「少し練習すればジャズくらい弾けるようになる」と、薫は千太郎が弾いた『モーニン』のレコードを買い。ジャズの世界に入り込んでいく。
ジャズの音楽。思春期の恋と友情が錯綜する胸躍るストーリー。それが坂道のアポロン

http://www.anitube.se/video/42354

 


 
主人公。西見薫。
薫は男親一人に育てられた。父親は船乗りで薫を親戚に預けては船の仕事に出る。
薫がピアノを始めたキッカケは船乗りである父親の影響。船乗りであり、そのうえピアノ弾けるという父の姿に憧れている。
母親はどうやら薫を捨てたらしい(親戚のオバサン談)

é¢é£ç»å
 
ライバル。川淵千太郎。
クラスメイトが誰も近寄れない不良。屋上で寝て学校をサボってるときに、薫と出会った。転校生であり、しかもボンボンである薫に興味を持ち。つきまとうようになる。
ジャズドラムが特技。
é¢é£ç»å 


ヒロイン。向律子。
律子は薫の世話役を頼まれて、薫と仲良くなった。幼馴染である千太郎と仲良くなってくれた薫には特別な思いがある。
実家はレコード屋さん。

ãå¾å­ãã¢ãã­ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 


 
 
感想
坂道のアポロン。絵がなんとなく嫌だなって第一印象だけで避けていました。もったいないことをしていた。
 
ジャズとアニメをかけあわせたものって名作が多いような気がする。クラシックとアニメを組み合わせるのも名作が多い。
 
そこには音楽の力があるのかなって思った。
今回の第1話のなかでも、千太郎のジャズドラムを1分少々聞いただけで、身体が踊りだしたほど。音楽はいい。
 
坂道のアポロンは実写化もされるようなので、この機会に毎日1話ずつでも見ていけたらいいなって思う。
 
劇中歌のジャズをYouTubeで聞きながら、薫、千太郎、律子の場面を思い描くと、不思議と音楽に合ってるような気がする。
 
さっそくYouTubeでモーニンを聞く

 

www.youtube.com

 

akita27secrets.hatenablog.com

f:id:akitakoara:20171203062958p:plain