秋田コアラのマーチ

秋田コアラです、1記事に1つは必ずあなたの役に立つことが書いています。ゆっくりご覧になってください。

f:id:akitakoara:20171203062958p:plain

人は何のために生きるのか。野村克也さんの動画で学んだこと。

おはようございます。秋田コアラです。
 

youtu.be


 
日本プロ野球選手の野村さん。野村克也さん。
 
名将、名監督、名選手の野村克也さんいますよね。
 
先日、彼が出演したテレビのYouTubeを見ました。
そこでとても印象的なことがあったんですけども。
 
弱者には弱者の戦い方がある。
 
だから、弱者が強いやつと同じように横綱相撲をやっても勝てない
ということです。
 
野村さん自身も、叩き上げで長嶋茂雄さんとか、王貞治さんとは
まったく、まったく別の人生でした。
 
しかし、その中でも好きな野球はずっと辞めずにいたわけです。
 
野村さんは現役を引退したのが45才なんですよね。45才。
27年ほど選手として活躍しました。
 
戦後初の三冠王
 「野村克也」の画像検索結果

 


選手引退後は解説者として野球に関わっていたそうです。
 
そのときも他の解説者には負けまいとして、試合をスコアボードでまとめて、
スコアボードを見ながら、選手の思考、心理、監督たちの戦略を分析し、
配球を予知するという偉業を成し遂げています。
 
そして、その解説時代をへて、54才のとき初めてヤクルトスワローズの監督になります。
 
そのときに最初に行ったのが意識改革。
 
意識を変えることで野球への取り組みかた。生活の取り組み方が変わる。
 
野村監督は練習後のミーティングで、よく野球とは関係のなさそうなことで、
ミーティングをしていたそうです。
 
人は何のために生まれてくるのか、生きているのか。 
 
今まで考えたことも無いような質問をして、選手に考えるという習慣を身に着けさせたそうです。
 
最初はどの選手もなんのために生まれてきたのか。質問されても、
「考えたことがありません」と答えるばかりで、
しかし、そこで野村監督はそこで「今考えろ」と選手の脳みそを刺激したんです。
 
意識が取り組み方を変えて、考える習慣がそれをさらに強化する。

(思考を強化する→

https://naturalsuccess.jp/XBuddha/gold/special/#Q0vUVc


 
野村監督の野球は天性ではなく、頭を使ってやるもの。
 
そういうことなんです。
 
やっぱりすごい監督です。
 
野村監督の本で「結果を出す人と出さない人の違い」みたいな本があったので、
気になって購入しました。読んでみたいと思います。
 
野村監督、80才。
さらに長生きして、また弱小球団を強くしてほしいです!!!

 

参考動画

www.youtube.com

 

f:id:akitakoara:20171203062958p:plain