秋田コアラのマーチ

秋田コアラです、1記事に1つは必ずあなたの役に立つことが書いています。ゆっくりご覧になってください。

Jr14 セールスとは何か?全員セールスマン。コミュニケーションはセールスのかけあい。

Jrコピーライター第14話の実践。

 

今回の宿題は、授業で学んだマインドセットの中で

今の自分が最も手に入れたいものを1つ選びなさい。

 

授業をまとめた記事はこちら

akita27secrets.hatenablog.com

 

全部10個のマインドセットがありました。

 

1.〇〇がすべて

2.マーケティングは複数の人間に同時に〇〇

3.コピーはアート

4.言葉は危険な武器

 

5.〇〇単語を使え

6.まずは〇〇しろ。

7.行動させろ

8.〇〇言葉で書け

9.25%〇〇したバージョン

10.毎日訓練しろ

 

この中で僕が一番手に入れたいと思ったのが、

1.セールスがすべて

です。

 

セールスはコピーライティングをする上で

絶対に避けることが出来ないステップだと

何度も教わってきました。

 

1対1でセールスできない限り、インパクトを与える

歴史になる、伝説になるコピーは書けません。

 

1対1が出来て初めてマーケティングができます。

 

原点であり、核の部分。コアのスキルになります。

f:id:akitakoara:20170828053839j:plain

逆にセールスさえマスターすれば、残りのマインドセット

自動的に身についてしまうレバレッジ効果が高いです。

 

じゃあ、セールスとは何か。

 

僕は授業を習う前は、

 

目の前の相手に僕が売りたい商品を催眠にかけて、

マインドコントロールして、言葉巧みに買わせる。 

 

ことだと思っていました。

 

しかし、新しいセールスの定義が出来ました。

 

それが、

 

目の前の相手が欲しいものを発見、発掘、聞き出して、

その購入をサポート、手助けする。

 

これが僕がJrコピーライター養成スクールで

習った新しい定義です。

 

決定的な違いは、僕が売りたいではなくて、

相手が買いたいということです。

 

なので、相手の欲求を聞き出すことが最初のステップになります。

 

じゃあ、どうやって相手の欲求を聞き出すか、

これはX-Buddha第5話という教育者を作る仙人さんプログラムで学んだ

ことがあるのでそれを応用します。

 

その方法は4つのラポールという考え方です。

 

ラポールとは、信頼関係の構築と言った意味があります。

 

4方向から相手と信頼関係を築きます。

そして、相手がリラックスしたときに初めて

相手の深い欲求部分を聞き出すことができるのです。

 

4つのラポールとは、

1.肉体的ラポール

2.感情的ラポール

3.精神的ラポール

4.発言のラポール

 

この話はまた別の機会にしたいと思います。

 

ようは信頼関係を築いてから、相手に話を聞くという順番です。

 

セールスとは、物を売ることじゃありません。

相手の欲求を聞き出しサポートすることです。

 

なので、相手が言って欲しい言葉とか、

やったほしいことを聞き出すこともセールスになります。

 

だから、商品が手元になくても、

今日から僕はセールスマンになれるということですね。


全員がセールスマン