秋田コアラのマーチ

秋田コアラです、1記事に1つは必ずあなたの役に立つことが書いています。ゆっくりご覧になってください。

Jr14 折り返し地点。基本に戻ってマインドセットを再度叩き込む。

秋田です、

 

jrコピーライター養成スクール第14話

「命を救うマインドセット」の感想です。

 

授業をまとめた記事はこちら

akita27secrets.hatenablog.com

 

養成スクールは6ヶ月間のカリキュラムで、

全24回(プラスα)の音声で構成されています。

 

第14話は折り返し地点を過ぎたところ。

 

今までの授業を振り返ると、

01.〇〇に残すセールスレター

02.〇〇の肉体

03.説得の方程式

04.〇〇を支配する方法

(ここまで体験入学可能こちらから)

 

05.十二個の秘密〇〇

06.〇〇商品の秘密Ⅰ

07.〇〇商品の秘密Ⅱ

08.コピー業界で〇〇する方法

09.負けない〇〇作り

10.無敵の交渉術

11.仙人さん〇〇の秘密

12..〇〇リストの秘密

13.1000人の〇〇

 

そして、今回14.命を救うマインドセット

 

今回の授業でおっしゃっていましたが、

仙人さんは本気で教えてくれています。

 

14年以上の経験、痛み、苦しみ、喜びから得た

大事なポイント。2割を抽出して、

僕たちに近道を教えてくれています。

 

僕たちができることは、学びをインデックスカードに

書き写して、それを何度もフラッシュし、脳に焼き付けることです。

 

最低5回は復習し、その授業を再現できるくらいになる。

 

それぐらいがちょうどいいです。

 

昨日学んだマインドセットで特に心に響いたものを

お伝えします。

 

セールスがすべて

このマインドセットは第1話からずっと言われていることです。

 

コピーライターのひとつの仕事はセールスレターを

書くことですが、そのセールスレターはセールスマンをプリントアウトしたものです。

 

つまり、セールスマンの上にレターが成り立ちます。

f:id:akitakoara:20170827083721j:plain

なので、1対1のセールスをスキップすると、

壊れやすく、脆い、ダサいコピーライターになってしまいます。

 

ですが、

 

今から訪問営業に就職し直すのは難儀です。

 

僕も何度もアルバイトが無いか検索しましたが、

ピンと来るものがありませんでした。

 

でも、今の生活、仕事のままでセールスを鍛える

考え方を発見しました。

 

セールスの定義を自分なりに再解釈しました。

 

以前は、セールス=訪問販売で商品を売りつけるでした。

ようは、相手を説得するということです。

 

で、説得するだけなら、商品を売る必要は無いです。

 

彼女でも、奥さんでも、仕事仲間の中でも、

自分の要求を通すための説得スキルを身につけるのも

1つのセールスだと考え直しました。

 

Jrコピーライターは商品を売ることだけが仕事じゃないです。

最大のビジョンは、相手に光を与えること。

 

まずは目の前にいる人が光を感じるように、

説得、セールスを毎日訓練したいと思います。

f:id:akitakoara:20170827083739j:plain

ただ、やっぱり訪問営業とかは経験しておいたほうが

10年後、20年後、30年後を支える土台になるような気がします。

 

1年だけでも転職を考えています。