秋田コアラのマーチ

秋田コアラです、1記事に1つは必ずあなたの役に立つことが書いています。ゆっくりご覧になってください。

自殺した伝説のトレーダー

秋田コアラです、
 
お金が欲しいです。
 
使っても使っても使い切れない。
自然と貯蓄が溜まっていくくらいの
お金が欲しいです。
 
夢のような話です。
 
しかし、
 
現実には、そういう生活をしている人もいます。
 
僕もそういう世界に行こうと思って、
シコシコ修行を積んでるところです。
 
今日は、伝説の相場師と呼ばれている
ジェシー・リバモアさんについて話したいと
思います。

 

伝説の相場師 ジェシー・リバモア(1877-1940)享年63歳
 

f:id:akitakoara:20170720050800g:plain


彼の経歴はwikipediaで見ればわかると思います。
 
何といっても印象的なのが、
人生で4回も破産をしているということ。
 
破産って4回も出来るんだっていう驚きと、
3回分の負債はちゃんと返済してるんですよね。
 
そして、ラストは「自分の人生は失敗だった」だという
遺書を残して、ピストル自殺。
 


バモアは負け犬人生
 


ジェシー・リバモアと調べてみると、なんちゃって相場師、
トレーダーの間でなぜか人気があります。
 
彼を元に書かれた書籍
『欲望と幻想の市場』
 
は、伝説のトレーダーの思考法が学べると評価が高いですが、
バモアさんは1940年に死んでる人ですから、
その方の思考がちゃんと残されているかは不明です。
 


死に際は大事だと思う

 
僕はまだ20代のペーペーですが、
人生の最後にピストル自殺は回避したい
と思います。
 
最後の最後まで現役で、
活発的に活躍していきたいです。
 
先日、ご臨終なされた
日野原重明(105歳)さんのような生き方です。
 
日野原さんは最後は「ありがとう」って
感謝をして息を引き取ったそうです。
 
僕の親戚で去年70代でなくなったおじさんがいるんですが、
彼も最後は家族に「ありがとう」って伝えて、
お亡くなりになったそうです。
 
とても元気なおじさんでした。
 
最後は家族に囲まれて、感謝をしながら、
さよならをする。これが理想的です。
 
なので、ピストル自殺したリバモアさんは
負け犬だと思います。
 
そこだけピンポイントで評価するのは、
不公平ですが、長期的にうまくいかないと
意味がないですよ。
 

 
宝くじが当たったら地獄の始まり
 


宝くじに当たる人がいますよね。
 
300円の紙切れが、3億円になるんですよ。
 
これは有名な話ですが、
高額当選したほとんどの方は破産するそうです。
 
以前、その話を聞いたときには、
「それはそいつが馬鹿だからだよ」
って僕は吐き捨てましたが、
 
マインドセットを勉強してきて、
破産する人の気持がわかるというか、
僕がもし高額当選したら破産の道をたどるイメージが出来ました。
 
短期的な成功はとても嬉しいことです。
しかし、人生は長いですからね、
10代のころは「俺は25才で死ぬ」って思っていても、
意外としぶとく生きてるんですよね。
 
だったら、成功し続けたい。
 

 
スキルが最高の資産
 


成功をお金持ちという定義で考えたときに、
お金を稼ぐ力が必要だとわかります。
 
お金を生み出す力。
 
これを僕は”スキル”と呼びます。
 
スキルが身につけば、全裸で路上生活していても、
お金を稼ぐことが出来ます。
 
なぜなら、スキルはお金を生み出す力だから。
 
なので、僕はスキル磨きに力を入れています。
 
スキルを細分化すると、
 
僕の中でスキル第1位は、マインドセットです。
 
マインドセットという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、
”考え方”と思ってもらっていいです。
 
単純な例を出すと、
 
コップの半分の水が入ってるときに、それを見て、
「もう半分しかない」と思うか、
「まだ半分もある」って思うかってことです。
(ちなみにどっちが正解とか不正解はありません)
 
マインドセットは応用が効きます。
 
例えば、僕の好きなマインドセット
「毎月1円でも多く貯金する」
というのがあります。
 
僕はそれを応用して、
 
「毎月1円でも多く借金返済する」
「毎日1分でも多く音声を聞く」
「毎日1文字でも多くコピーを書く」
 
というふうに応用変換しています。
 
マインドセットからテクニックが生まれます。
 
だから、マインドセットが最上級スキルです。
 


攻撃的にお金を生み出すスキル

 
もう一つ最上級スキルをあげるなら、
それは”コピーライティング”です。
 
コピーライティングの定義はたくさんあります。
 
文章で物を売る。
文章で人を動かす。
文章で、、、
 
コピーライティングっていうと、”文章で”
って思ってる人が多い感じします。
 
僕は好きなコピーライティングの定義は、
 
光を与えるスキル
 
です。
 
コピーライティングをマスターしたら、
落ち込んでる人を元気にさせることが出来る。
 
その方法は文章に限らず、声でもいいし、
ボディランゲージでもいいです。
 
コピーライティングは、コミュニケーション全体の
スキルだと言えます。
 
まだ僕自身、コピーライティングについてわかりやすく説明
できません。
 
僕の先生が、コピーライティングとは何か?
についてレポートを書いています。
 
こちらから御覧ください。

 

 まとめ

 


自殺した伝説のトレーダー