秋田コアラのマーチ

秋田コアラです、1記事に1つは必ずあなたの役に立つことが書いています。ゆっくりご覧になってください。

失敗しないクライアントの釣り方  

秋田コアラです、
 
Jr.コピーライター第10話の宿題をやります。

 

目次 

 


失敗しないクライアント選び


 
第10話のタイトルは
「無敵の交渉術」
 
コピーライタの仕事のスタイルには、
商品を持ったクライアントを見付けて、
その販売者の代わりにセールスレター、
売り込みをするというのがあります。
 
先生である仙人さんもこの形を使用しています。
 
優秀な経営者とタッグを組んで、
日本一のインターネットマーケティング
10年以上続けています。
 
その詳細は↓のリンクをクリックすると書いてありますので、
40ページくらいを読んでみてください。
 
少数精鋭の最新マーケティングを駆使する
経営者の素顔が動画で拝見できます。
 
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#Q0vUVc


 
で、
 


クライアントと手を組む前に大事なことがあります。

 
このチェックリストを通さず、クライアントを組む場合
最大の失敗を犯す原因になります。
 
いくら良質なセールスレターを書いても、
まったく売れないという現象。
 
それによるあなたの評価の低下。
 
セールスレターを書いて、もし売上が上がらないと
すべてコピーライターの責任にされます。
 
なので、絶対にこのチェックリストは
肌身離さず持って、クライアントを厳選してください。
 
それはヒット商品のチェックリストです。
(第6話 ヒット商品の秘密参照)
 
全部で8つあります。
 
1,商品自体がスーパーフォーミュラに沿っているか。
 
2,独占できるか
 
とりあえずこの2つをクリアすれば、
その商品は合格だと思います。
 
残りの項目を知りたい人はJrコピーライター養成スクールに
参加してください。
こちらから

https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#Q0vUVc


 
クライアントが持っている商品が
ヒット商品になりそうだということが
わかったら、とうとう交渉に入ります。
 
(実は、ヒット商品のチェックリストを漏れたとしても、
 その商品を在庫処分する方法があります。
 それは公の場で公表する事は出来ません。
 スクールに参加して、あなたの耳で確かめてください)
 
交渉をするときも大事なのがスーパーフォーミュラ
 
スーパーフォーミュラとは、最強の説得の方程式のことです。
(第3話説得の方程式を参照)
 
説得の方手式は、
問題点+約束+証拠+オファー
 
この順番で交渉スタートです。
 


交渉ステップ1-問題点(目標)

 
相手が抱えている問題、達成したい目標を
聞き込みます。
 
深く、具体的に、イメージを共有できるくらい
具体的に深く聞いていくのが良いと思います。
 
「その商品をどのいくら売りたいですか?」
 
「購入者にどんな影響を与えたいですか?」 
 
などの質問を皮切りに深く聴き込んで行きます。
 
そんなことまで聞いていいの??
 
って不安になるくらいズバズバ聞いてあげるのが
コツです。 
 
なぜなら、普段そこまで聞いてくれる相手がいないからです。
 
相手の目をまっすぐと見て、すべてを理解してあげる
というつもりで、深く深く聞き込んでいきます。
 
ただし、警察のような事情聴取ではないので、
質問攻めにならないように注意しましょう。
 
質問を深める方法には、オススメなステップがあります。
 
それは4つの学習タイプです。
 
例えば、
「その商品をどのくらい売りたいですか?」
 
「なぜ、その金額なんですか?」
 
「その商品とは何ですか?どんなものですか?」
 
「どうやって、その目標を達成したいですか?」
 
「わかりました。今すぐ100万円を振り込んでください。
 売上の25%でよければ引き受けます」 
 
という流れになります。
 
4つの学習タイプは、なぜ、何、どうやって、今すぐ。
のステップです。
 
深くはまた次回に入りたいと思います。
 
 


交渉ステップ2-約束(保証)

 
相手の問題点、目標がわかったら、
次に約束をします。
 
相手の目標を一緒に達成しようという約束です。
 
ただし、口でいうだけなら誰でも出来ます。
 
なので、保証をつけます。
 
もし、目標の売上に到達できなければ、
手付金100万円を全額返金します。
 
こういう保証をつけます。
 
そうすることで、相手のリスクは一切なくなります。
なぜなら、最初の100万円はただ預けるという形になり、
 
売上が目標に到達しなかったら、売上と100万円。
売上目標が達成できたら、目標金額が手元に入る。
 
どちらの結果にしろ最終的にクライアントは儲かる
ことになります。 
 
ただし、Jrコピーライターに失敗はありません。
 
ヒット商品のチェックリストさえ乗り越えた商品であれば、
ほぼ100%の可能性で目標金額に到達できます。
 
失敗を失敗と認識しない方法があるんです。
 
それはJrコピーライター養成スクールの授業に
再三出てきます。
 
ぜひ、スクールをチェックしてください。
 
失敗することが出来ない。成功回避不可能スクール

https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#Q0vUVc


 
 

交渉ステップ3-証拠

 
すでにコピーライティングを実践し、
セールスレターを書いたことがある人は
その結果や過程を伝えることが圧倒的な証拠になるでしょう。
 
ビジネスは実績がすべてですからね。
 
じゃあ、僕のように初心者で、一度もレターを
書いたことが無い人はどうしたらいいのか?
 
そのときに役立つのがブログです。
 
クライアントに、「こんなブログを運営しています」
とブログを送って、自分がどんな文章を書くのか
見せてあげるのがいいでしょう。
 
より良いのは、何か一つ商品のレターを書いて、
実際にヤフオクなどで出品してみることです。
 
ただ、それはハードルが高いので、
仙人さんの授業を受けながらブログを更新することが
とてもおすすめです。
 
授業内容の復習になり、実践の場になります。
 
仙人さん流ブログ運営の秘密はこちらから
スクールに参加してくれた方に特典としてプレゼントします。
 
10年、20年、30年、子孫に残すブログ構築の方法を伝授

https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#Q0vUVc


 


交渉ステップ4-オファー

 
問題点、約束、証拠が完了したら、
最後はオファーです。
 
僕はここが一番摩擦を感じる大変な場面だと思います。
 
そして、コピーライターとして活動していくために
とっても大事な、外せないステップだと思います。
 
オファーとは提案ということですが、 
 
「お金を振り込んでください」

って相手に伝えることです。
 
「あなたの目標はわかりました。仕事を引き受けます。
まずはこの口座に100万円振り込んでください。
そして、売上から25%の報酬をもらいます。
 
これでよければ100万円振り込んで下さい。 
 
もし、売上目標に達しない場合には、
100万円全額返金します。
 
手付金として100万円は預からせていただきます。
 
口座番号はこちらです」
 
という流れで、どの口座に、いくら、振り込むかを
明確に伝えます。 
 
慣れないと、お金をもらうことに躊躇してしまいますが、
ここでお金をもらわないと大事件が起こります。
 
お金は相手の覚悟を確かめる良い手段です。 
 
そして、あなた自身の覚悟も固まる瞬間になります。 
 
無料で書いては、あなたは儲からないし、
相手のためにもなりません。
 
そして、それはJrコピーライアー全体の評判を落とすことに
なります。
 
100万円振込、売上25%のロイヤリティ。
 
これ以上でも、以下でもないです。 
 
値下げは生き地獄になります。
 
値下げをしてクライアントを取るくらいなら、
自分ひとりで活動していく方がいいです。
 
絶対に値下げをしない。
 
オファーの絶対条件になります。
 
 


最後に

 
クライアント交渉の実践をしました。
 
問題点、約束、証拠、オファー

のスーパーフォーミュラに沿った
交渉の手順を公開しました。
 
クライアントを見つけて、交渉するのは
とてもフラストレーションがあります。
 
僕はオファーの部分が弱くて、
クライアントをゲットすることが出来ていません。
 
なので、一人でブログを更新しつづけて、
勉強し続けて、徐々に自信をつけていっています。
 
値下げは絶対にしたらいけないので、
写経をつづけて、自信をつけていくのが
最初のステップとしておすすめです。
 
これは僕も不思議だったんですが、
 
写経を続けていると、自然とレターの流れが身につき、
何か商品があるとパッとレターが頭の中で完成できる
ようになります。
 
コピーライターは、長いキャリアです。
 
焦らず、じわじわ成功することを目標に、
ちょっとずつコピーライティングのスキルを磨き、
その力を信じられるようになっていけばいいかな
と思います。
 
この記事がおもしろかったら、コメントを残して下さい。
 
ありがとうございました。