秋田コアラのマーチ

秋田コアラです、1記事に1つは必ずあなたの役に立つことが書いています。ゆっくりご覧になってください。

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること 河合雅司 レビュー

 

秋田コアラです、


Amazonランキング 講談社現代新書部門
第1位を獲得した
『未来の年表』
Kindleで購入しました。
 
756円。
 
Kindleは素晴らしいね。
朝の5時に本が購入できる素晴らしさ。
 
それはいいとして、
 
この本をよむ前に、表紙とあらすじから
レビューしたいと思います。
 

f:id:akitakoara:20170627051404j:plain


 
表紙にすでに7つの項目を暴露してるわけですが、
 
僕が面白いと思ったのが
2033年3分の1が空き家になる。
 
あと16年後に3分の1が空き家。
 
それがどんなメリットがあるのか。
それともデメリットなのかわかりませんが。
 
僕はこの本はビジネスを考える上で
とても使えるなと思いました。
 
空き家を使ったビジネスが無いかな~って
考えたんですが、
 
解体屋とかどうですかね。
 
どこにキャッシュポイントがあるかわかりませんが、
もしかしたら国を相手に商売ができるかもしれない。
 
全国の3分の1が空き家ですからね、
土地も相当余ると思います。
 
 
そうなると怖いのが中国人などの外国人の日本進出。
 
その空き家を外国人が利用して、
日本人を支配していくんじゃないかって
恐怖を感じました。
 
隣人が身長200センチの白人だったら怖いですよ。
毎晩2pacの音楽をガンガンに流して、
薬物を若い子に蔓延させるような害になる人が
日本中に来るんじゃないかって。
 
 
それから2039年には、火葬場が不足するようです。
 
火葬場もビジネスとして考えたら、美味しいですよね。
 
ネットで調べ見ると、一坪100万円で斎場(火葬場)が
できるみたいです。
 
500坪で5億円。
 
それか火葬はやめて、土葬にするとか。
 
20年くらい前は土葬もけっこう当たり前だった
みたいです。
 
死者の弔い方について、変動が起こる時代が来るの
かなって予想ができます。
 
 
この本には他には人口減少、高齢化に伴う問題点が
書かれているようです。
 
一番の問題は老人を世話する介護人の減少。
 
僕は考えたのは、高齢者が日常生活できるレベルの
肉体、精神を鍛えるスクールを開校したいなって思いました。
 
でも、高齢者ですからね。
死を待つのみって感じですが、
 
これから高齢者を相手にしたビジネスを考えたら、
大儲けできそうですね。
 
 
そのときに役立つスキルを今から磨きます。
 
その未来のスキルとは、、、
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#Q0vUVc

 


追伸です、
 
河合雅司さんのKindle書籍に
『日本の少子化 百年の迷走-人口をめぐる「静かなる戦争」』
 
というのがあります。
 
その帯には、
 
「今日の深刻な少子化は、戦後のGHQが仕掛けた
 もう一つの日米戦だった!」
 
GHQの陰謀が書いてあるみたいです。
 
欲しくなってきました。

 


未来の年表をレビューしました。