秋田コアラのマーチ

秋田コアラです、1記事に1つは必ずあなたの役に立つことが書いています。ゆっくりご覧になってください。

松島そら 天才卓球少年が大成しない理由。

秋田コアラです、

 
勢いがある卓球界ですが、
テレビで松島家のいち日の
ドキュメンタリーが流れていました。

f:id:akitakoara:20170615053046j:plain

松島輝空(そら)くん10歳


一家全員が卓球選手で、
朝から晩まで卓球の練習をしている感じでした。
 
その様子を見ていて、僕は
「この子は将来失敗する可能性が高い」
と思ったのです。
 
その理由をシェアします。

 


天才卓球少年、松島そらが失敗する理由


失敗する理由1
【睡眠時間が少ない】
 
朝から晩まで卓球をやるので、
両親が経営する卓球スクールから
家に帰ってくるのが23時を超えるのが
当たり前。
 
それからお風呂、ご飯などで、
結局床につくのが24時を超えます。
 
10歳以下の子供にしては、
明らかに寝るのが遅いです。
 
22時から2時まではゴールデンタイムを
言われていて、成長ホルモンが一番活発に
うごく時間という話は有名な研究です。
 
たぶん松島家も知ってると思います。
 
が、
 
神童と言われるがゆえに、練習時間が
長くなってるのかなって思いました。
 
卓球は身長が高い方が有利らしく、
松島家では食事に牛乳をよく飲みます。
 
それなのに睡眠時間が短いのは
とてももったいない事をしていると思いました。
 
 
失敗する理由2
【ご褒美にお金を使っている】
 
そら君に「普段は怖いお父さんの良い所は?」
という質問がされました。
 
その答えは、
「うまくいったときに、お金をくれる所」
 
子供を動かすために、ご褒美を与える手段は
よくありますが、
お金とか、お菓子など物を与えるのは
10年先を見て、あまりいい教育とは思えません。
 
目の前のお金、お菓子のために頑張る
という短期的な思考が染み付く可能性があるからです。
 
スポーツの世界は、
頑張っても頑張っても1位になれるのは一人だけです。 
 
それ以外の人は挫折していきます。
 
1位になれなくても、粘り強く続けていくためには、
自分のモチベーションタイプにあった方法で、
モチベーションを上げた方がいいです。
 
モチベーションのガソリンは、ドーパミンです。
 
ドーパミンをドクドクと注入することで、
自発的な行動を促すことが出来ます。  
 
そのおかげで、10年、20年、30年と、
一生卓球を追求していける。
 
卓球が好きになります。
 
モチベーションタイプ。ドーパミンについては、
最後にリンクを貼っていますので、そちらを
ごらんください。
 
 
失敗する理由3
【学校に通っている】
 
なぜ、学校に通ってるんだ?
って思いました。
 
両親は卓球スクールのコーチで、
一日中一緒にいることが出来るのに、
なぜわざわざ学校に行かせるのか?
 
これはしょうが無い事と諦めるしかないのか。
 
子供が出来たら学校に通わせるのが普通っていう、
世間の常識と、親がそうやって生きてきたっていう
様々な要因があります。
 
学校に行かせるリスクは高いと
僕は思っています。
 
なので、僕は将来子供が出来たときは、
ホームスクール。
学校に行かせない選択をしたいと思っています。
 
学校の行くことの高リスクは、
 
1つ目に、トイレが少ない。
 
うんこがとても大事です。
 
うんこを我慢すると、いろいろ病気、疾患の
原因になります。
 
僕自身、小学生のころはうんこを我慢する方で、
うんこをすることが恥ずかしいと思っていました。
 
なので、大人になってから、
便秘の癖がついてしまい、体調が悪いです。
 
2つ目のリスクが、
 
先生が若造。
 
先生の選択が間違えると最悪です。 
 
その教師の思考が子供に乗り移ってきます。
 
尊敬できる人ならまだしも、どこの馬の骨かも
わからないハナタレ小僧に洗脳されるのは、
高リスクです。
 
両親が勉強している事が前提になるかもしれませんが、
僕がホームスクールで教えるのは、【価値観】です。
 
価値観とは、優先順位とも言い換える事が出来ます。
 
何が人生で大切なのか。
という事を徹底的に教えていきます。 
 
3つ目のリスクは、、、
 
といきたいところですが、出勤の時間です。
 
今はアルバイトをしていますが、
将来ホームスクールするために、
家で出来る仕事に仕事のスタイルを変更途中です。
 
「ホームスクールがいいよ」っていうのは、
口で言うのは簡単です。
 
それを僕自身が実践して、背中を見せることが
一番の教育になります。
 
まだ5年、10年先のことになりますが、
その姿をこのブログで更新し続けられたらと
思います。
 
ありがとうございました。
 
 
追伸:
モチベーションタイプ、ドーパミンについては、
こちらをご覧ください。
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#Q0vUVc