秋田コアラのマーチ

秋田コアラです、1記事に1つは必ずあなたの役に立つことが書いています。ゆっくりご覧になってください。

ブログの成功技術:ブログ記事の書き方究極ハンドブック レビュー

秋田コアラです、

 

これは素晴らしい本です

f:id:akitakoara:20170504015419p:plain

 


ブログの成功技術:ブログ記事の書き方究極ハンドブック レビュー

 

 

ブログ構築について詳細に述べられています。

 

第一章「SEOに強いアクセスを集める記事の書き方」

だけで、十分な情報が手に入りました。

 

 第一章を一言で言うのであれば、

 

「スポットライトはユーザーに当てること」 

 

これは僕も毎回、間違ってしまうことですが、

まず記事を書くときに、書いてる自分のことを優先して

考えてしまいます。

 

恥ずかしい内情を暴露すると、

 

こういう言い回しで書いたら、みんな驚くだろうな。

毎日、記事更新して偉いねって言われるかな。

今日も記事更新した、俺は偉い

 

って、こんな自己中心的なことばかりを

考えています。

 

なんとも恥ずかしい限りです。

 

この本で、スポットライトは自分ではなくて、

読者の方に、あなたに当てるとういことを学びました。

 

「スポットライトはユーザーに当てること」

 

これは最重要マインドセットです。

 

ブログに収益を生み出すのは、記事を書く私ではなく、

まぎれもなく、読んでくれる読者の方たちです。

 

だから、読者の方、ユーザーの方を最優先に

考えるんですね。

 

で、

 

じゃあ、どういう記事を書いたらいいのか?

 

についても細かく指導してくれました。

 

まず、なぜお客様は検索し、ブログに辿りつき、

その記事を読むのか。

 

それは悩みを抱えているからです。

 

何か問題、不安があって、ユーザーは検索します。

 

そして、ブログ記事というのは、

その問題を解決するために尽力する

ことが大前提です。

 

その日の出来事(日記)や、辞書や、ウィキペディアのように

ただ長々と文章を書いても、

ユーザーの問題解決につながらければ意味が無いということです。

 

今回の記事。

「ブログの成功技術:ブログ記事の書き方究極ハンドブックのレビュー」

では、

 

読者はその本を買おうかどうか悩んでいる。

もしくは、ブログ更新に行き詰まっている。

 

という悩みがあると僕は考えました。

 

なので、最初に「この本は良書である」

という情報を伝えて、

 

そして、その中身から、ブログ記事更新に役立つ

根底になるであろうマインドセットを記事に埋め込みました。

 

記事というのは、お客様の悩みから生まれるもので、

自分が書きたいものを書いても意味が無いということを

痛感させられました。

 

実は、ここまでの内容は第1章に書いてあることだけです。

 

まだ第2章、第3章と続きがあります。

 

読むのが楽しみになってきました。

 

で、

 

この本の中にダメな記事の特徴として5つほど

ポイントがあげられていたんですが、

 

僕はその1つのポイントを無視します。

 

それがこのブログをやるルールだから、仕方がないことです。

 

 

f:id:akitakoara:20170504020103p:plain

 

そのルールというのは、

「ダメな記事はセールス色が強い」

 

ということです。

 

僕もセールスというつもりは無いですが、

最後に告知です。

 

業界最高レベルのライティング技術が学べる

通称Jr.コピーライター養成スクールの門戸が

再びオープンされました。

 

僕がブログアフィリエイトに本気になった

きっかけの商品です。

 

今日レビューした本と合わせて、

こちらもチェックしてみてください。

 

業界最高レベルのライティング技術、精神が学べる

ただひとつのA級コピーライター第一歩の養成講座

https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#Q0vUVc